ブログトップ

きのう・今日・あした

秋の空


e0249850_12054980.jpg

《 汝は汝なり吾は吾の心秋の雲 》
ーなはななりあはあのこころあきのくもー


e0249850_11422465.jpg




e0249850_11425502.jpg

"女心と秋の空"
"男心と秋の空"

その秋の空に自由気儘に秋の雲が浮かぶ。
その秋の雲を見上げる自由気ままな人がいる。


           ( デザインスキン変更)


[PR]
# by miyakodori-t | 2018-08-18 12:09

読書



e0249850_13442944.jpg

《 灯火親し前頭葉に風の吹く 》
ーとうかしたしぜんとうようにかぜのふく-
灯火親し:秋


「読書の秋」には未だまだ早い酷暑の日々。
2018年 本屋大賞を受賞した
辻村深月さんの「かがみの孤城」を友人からお借りしました。

灯火というよりエアコンの下で
水羊羹、麦茶を傍らに久し振りに読書に集中。

読書は前頭葉の前頭前野を活発化させると耳にした事がありますが、
はてさてその効果の程は?


[PR]
# by miyakodori-t | 2018-08-16 14:23

下町風情


e0249850_22414415.jpg

かっぱ橋粋に水打つ三代目
ーかっぱばしいきにみずうつさんだいめー
水打つ:水撒き:夏

e0249850_21004938.jpg



e0249850_21011692.jpg


暦の上では "もう秋…すでに秋”
でも現実は "まだまだ夏…ギンギラギンの夏”

立秋前の「かっぱばし道具街」
100年以上の歴史を誇り東京浅草と上野にほど近い所に位置している商店街。
食器、調理器、食品サンプル…料理に関するものは何でも揃うとか。

見て歩くだけでも楽しい商店街は
外国からのお客様も含め賑っています。

初代、二代目、三代目と引き継がれている雰囲気の下町です。





[PR]
# by miyakodori-t | 2018-08-13 21:49

集ひ



e0249850_20552616.jpg

《 品書きに桔梗の絵あり晩餐会 》
ーしながきにききょうのえありばんさんかいー
桔梗:秋


e0249850_20561059.jpg

めったにない!殆どない!機会が二度も。
目でも楽しみ美味しくいただきました。
お品書きの隅には季節の花が描かれています。


でも折角お料理の解説をして頂きましたが、
残念ながら、、、記憶に残っていないのです。

美味しかったのは事実です。
ご馳走様でした。








[PR]
# by miyakodori-t | 2018-08-11 09:28

おもひでぽろぽろ


e0249850_23210906.jpg



《 香水のふとすれ違う交差点 》
香水:夏


e0249850_23224739.jpg



台風13号の進路予想が報じられている。
どうか被害がありません様に。
台風接近のため今日の外出は中止。

2ヶ月振りにスマホ画像の整理をしていましたが、
あーこんな事もあったっけ!

いろいろと思い出も蘇ります。
上の写真は梅雨明け間近の銀座の光景。

2枚のガラスの角度の違い?
同じ人達が別次元にいる様な、、、。


[PR]
# by miyakodori-t | 2018-08-08 16:35

lucky day


《 誘惑の瞳てふ名の黒すいか 》
ーゆうわくのひとみてふなのくろすいかー
すいか:秋
e0249850_21441341.jpg



e0249850_22290266.jpg




e0249850_21453763.jpg


《 孫のもも「桃」からももは生まれたの 》
桃:秋

孫のもも〈字は違いますが我が家では「ももちゃん」)は幼い頃、

「ももちゃんは桃から生まれたの?」と私に聞いた事があります。

そんなももちゃんも今では私の背丈を越えました…もーぅ!


e0249850_21462308.jpg



e0249850_21555519.jpg

ポイント倍増のラッキーデーではありません。
偶然に岡山の「清水白桃」と
茨城の「黒こだま西瓜」が届きました。

白桃はほんのりと色づくまで暫く待ちましょう。
でも誘惑の瞳に負けて西瓜は美味しく頂いてます。






[PR]
# by miyakodori-t | 2018-08-05 22:17

旅のお誘い



e0249850_00161990.jpg

《 夏負けの薬となるや旅パンフ 》


e0249850_00164714.jpg
連日の高温多湿の日々
天気予報も真っ赤なマーク。

その様な時に「旅のパンフ」が2通届いた。
曼珠沙華とコキア…共に真っ赤!

今年の夏はその真っ赤が辛い、、、。

行かれない旅ですが
赤を楽しめる気候は必ず訪れる…そう考えると嬉しいですね。

その様な季節が本当に来ますよね!






[PR]
# by miyakodori-t | 2018-08-03 09:19

Mars


《 探査機やミッション担い旱星 》

たんさきやみっしょんにないひでりぼしー

旱星:夏季語
昼間の炎暑を冷ます夕立もなくひでりを象徴する赤い星
(火星は見えない年もある)

e0249850_22452785.jpg

各国が競って「火星探査機」のレベルを上げている。
独特のキャラクターの火星人の存在も否定。

にわか天文入門者ですが、
火星に降り立った探査機「キュリオシティ」が
現在も火星の映像を次々送信してきている。

その映像はクリアで繋ぎ合わせて360度の動画になっており
NASAのこの火星の外面動画を見ながら、
地球に大接近の赤い火星を眺めました。

写真はもともと諦めていたのですがベランダで1枚
トリミングのトリミング~☆

深く深く調査が進められると…宇宙へのロマンが、、、。



[PR]
# by miyakodori-t | 2018-08-01 11:13

青い鳥



《 夏空に羽搏かせたし籠の鳥 》
ーなつぞらにはばたかせたしかごのとりー
e0249850_21253787.jpg

e0249850_21262586.jpg
我が家のセキセイインコ
籠の鳥には間違いないのですが、
放鳥タイムも多め。


生後すぐ我が家に来て大空も家の中からだけ。
鳥用ブランコに乗りながら外を眺めている彼の姿を見ると
「何を思っているの?」と。





[PR]
# by miyakodori-t | 2018-07-30 22:15

夏休み


《 待ち合わす駅広場なり夏休み 》
e0249850_22505271.jpg
駅前のペコちゃん
酷暑の日も嵐の日も元気イッパイの瞳。

夏バージョンのお洒落な衣装でチョット大人びたペコちゃん。
でも決して年をとらないペコちゃんです。

(キャラクターとしての誕生は1950年とか…えっ、、秘密??)


[PR]
# by miyakodori-t | 2018-07-28 22:51

すいかジュース


《 廻されて確信ゆらぐ西瓜割り 》
西瓜割り:夏季語ー
ー西瓜:秋季語ー

e0249850_22142179.jpg

すいかスクイーズ100%を注文してみた。
確かに100%…西瓜のお味
ただ一気に飲まないと氷が溶け「すいかモドキ?」のお味に、、、。

昭和の夏の風物詩だった海岸や庭での西瓜割り
楽しくて美味しかった~!

でもこの酷暑の中の西瓜割り…人間スクイーズ??


[PR]
# by miyakodori-t | 2018-07-26 10:33

若竹



《 若竹にふれ合う風や六本木 》
ー若竹:夏の季語ー

e0249850_23503089.jpg


e0249850_23510149.jpg

憧れの竹林とは無縁の日々。
まさか六本木で爽やかな竹を見る事が出来るなんて…。






[PR]
# by miyakodori-t | 2018-07-23 22:58

心頭滅却、、、


《 サングラス「心の目」はと問うてみる 》
ーサングラス:夏季語ー
e0249850_22334294.jpg



e0249850_22344886.jpg


e0249850_22355722.jpg
日比谷のビルの一画に可愛い「ミニ石庭」が。

石庭で有名な竜安寺には15個の石が並べられている筈なのに
どの方角から数えても14個。

その15個目の石は「心の目」でみるとか。
禅の境地の込められた枯山水庭園ですね。

このミニ石庭をサングラスをかけたまま眺めてしまい「心の目」は??

暫くすると美味しいマカロンの香りが漂い
「心の目」が目覚めた様な、、、。









[PR]
# by miyakodori-t | 2018-07-21 22:10

作り雨


《 副都心そよぐ風あり作り滝 》

☆作り滝:夏季語☆
人工的に滝の様に見せる仕掛けで涼味を感じさせる:作り雨とも☆


e0249850_00183680.jpg

上は新宿中央公園
下は新宿三井ビル

e0249850_10164909.jpg
酷暑の日本列島

もちろん高層ビル街である新宿副都心…溜息しか出ない。
そんな中サワサワと水の流れが聞こえて来る。

ホッとするひと時。






[PR]
# by miyakodori-t | 2018-07-18 11:13

睡蓮


e0249850_10311127.jpg


《 睡蓮や静寂の刻共有す 》


e0249850_10283355.jpg

深い木立の暗がりをお喋りしながら進むと
目前に睡蓮咲く沼が。

一面に覆いつくす睡蓮のたくさんの葉っぱが
流水、波、渦…等の水紋(波紋)をも
押さえこんでいるかの如。



[PR]
# by miyakodori-t | 2018-07-13 10:19

涼風(すずかぜ)


e0249850_21173106.jpg



e0249850_21182215.jpg

《 愛犬も涼風とおるカフェテラス 》



e0249850_17522577.jpg

暑い一日でしたが友人と窓際のカウンター席で軽いランチ。
その窓のガラスの向こうはカフェデッキ。

若い二組のファミリーがお喋りしながらランチを楽しんでいる傍らに、
バギーに乗った犬4匹の表情がガラス越しに…。

キョロキョロしながらも大人しくじっとして
まるで「ぬいぐるみ」の様。
もう2匹は角度的に写真は無理でした。

失礼ながらじっと見つめてしまった私達。
ごめんなさい。




[PR]
# by miyakodori-t | 2018-07-10 21:59

緑陰


e0249850_21244834.jpg




e0249850_20093407.jpg



《 緑陰を背なに読みかけページ繰る 》
e0249850_15594116.jpg

記録的集中豪雨被害に遭われた地域の皆さま
お見舞い申し上げます







[PR]
# by miyakodori-t | 2018-07-08 21:14

水中花

e0249850_10065867.jpg

《 美しき彩懐かしや水中花 》
ーうつくしきあやなつかしやすいちゅうかー


e0249850_10084584.jpg



e0249850_10093695.jpg






e0249850_23160852.jpg




e0249850_23221681.jpg





e0249850_23153820.jpg


最近見かけない水中花。
写真はもちろん水中花ではありません。

生花とグラス
生花と模様紙との多重露出、、、(単発の講座に参加して)



[PR]
# by miyakodori-t | 2018-07-05 10:19

梅雨明け


e0249850_20090664.jpg


《 夕されば茜雲なり梅雨あがる》
ーゆうさればあかねぐもなりつゆあがるー


e0249850_16123188.jpg



e0249850_14210798.jpg



e0249850_20265645.jpg


関東地方も昨日梅雨明け。
6月中に梅雨明けとなるのは観測史上(1951年)初とか。

相変わらず気温も湿度も高く熱中症対策に追われる日々。
でも刻々変わる雲を眺めていると暑さも和らぐ?
すじ雲、うす雲、わた雲、うろこ雲…。

特にグラデーションに染まる茜色の夕焼けの美しい事。




[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-30 18:44

東京都庁


e0249850_11470247.jpg
《 異国語の聞こゆデッキや夏の雲 》


e0249850_13055745.jpg



e0249850_13101153.jpg




e0249850_11484464.jpg



e0249850_11550295.jpg

都庁には数回訪れていますが、
夏の雲が青空に次々と姿を変えて通り過ぎる。

丹下健三氏デザインのモダンな都庁と、
自然現象の夏雲との調和。

45階の展望台フロアーデッキには外国人向けの日本のお土産も。






[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-28 13:13

ほゝづき市(東京愛宕神社)



e0249850_17435153.jpg
青ほおずき夕日の赤が好きと言い



e0249850_18143749.jpg



e0249850_22240294.jpg




e0249850_19344234.jpg



e0249850_20214959.jpg



e0249850_17470025.jpg
浅草鬼灯市より早く
6月23日、24日に愛宕神社で「千日詣り ほおずき縁日」が開催され、
お祓い済みの青ホオズキが境内に並んでいました。

自然に形成された愛宕神社には「出世階段」と言われる、
約45度の傾斜で踊り場も無い86段の階段が聳えています。

この石段を登る勇気がなく裏手のジグザグ階段にしましたが、
こちらも結構大変。

帰宅後直行エレベーターがあったとか、、、。



[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-25 20:13

梅雨晴れ間



《 青空の眩しきまでの梅雨晴れ間 》
e0249850_22352599.jpg
☆梅雨晴れ間…ブルーハワイのかき氷

e0249850_22214685.jpg
☆梅雨晴れ間…空腹を満たすダイサギ?


e0249850_22222081.jpg
☆梅雨晴れ間…全身天日干し川鵜

e0249850_22224983.jpg


☆梅雨晴れ間…半夏生の下で甲羅干し





[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-23 23:53

紫陽花

《 御堂門 雨に華やぐ刺繍花 》
ー刺繍花:紫陽花ー

e0249850_22533075.jpg



e0249850_22535958.jpg



e0249850_22550214.jpg




e0249850_10555192.jpg

昨日は一日中雨
迷いましたが千葉県松戸市にあるアジサイ寺へ。

しっとりと言うよりザーザー降りの時間帯もあり大変でしたが
色とりどりの紫陽花が美しく出迎えてくれました。

紫陽花の季語には「あずさい、かたしろぐさ、四葩の花、七変化…」
との別名もありますが、
今回初めて「刺繍花」の記を見つけ
嬉しくなりました。

球状の集散花序に萼片の装飾花
まさに刺繍花に相応しいと感じました。



[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-21 11:32

ブラームスの小径


e0249850_21402812.jpg
《 欧州に続く小径や梅雨晴れ間 》
(おうしゅうにつづくこみちやつゆはれま)
梅雨晴れ間:夏季語

e0249850_20104385.jpg

e0249850_20112584.jpg

e0249850_20121265.jpg


e0249850_20273100.jpg
原宿の裏通りに用事があり再び。

若者の溢れかえる竹下通りから
1本 道を入ると異国情緒が漂う裏通りに繋がっており、
噴水や街灯などヨーロッパ風の街並みが広がる。

小径は狭い道幅なのに何とも素敵な雰囲気で、
ひっそりとした静かな趣が。

「ブラームスの小径」
「フォンテーヌの小径」「モーツアルトの小径」と続きます。

竹下通りに戻るとあちらこちらから
クレープ屋さんの美味しそうな甘い香りが…。




[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-18 21:24

数寄屋橋スクランブル交差点


《 青嵐 真知子巻きにて スカイバス 》
あおあらしまちこまきにてすかいばす

青嵐:青葉の頃に吹くやや強い風(夏の季語)
e0249850_21485511.jpg



e0249850_19493408.jpg
交差点信号待ち


e0249850_21090574.jpg
新ビルも建築中


東急プラザより数寄屋橋交差点を見下すと、
スクランブル交差点を渡る人模様、車模様…。

そんな時屋根のない観光スカイバスが通過、
風に吹かれ髪の乱れを気にしている女性に、
ふと数寄屋橋の「君の名は」の真知子巻きが頭に、、。






[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-16 21:32

紫陽花



《 紫陽花や水の器のけふの色 》
e0249850_10263627.jpg



e0249850_10271703.jpg


e0249850_10274023.jpg


e0249850_10281007.jpg



e0249850_10283598.jpg



e0249850_11073505.jpg
七変化とも言われる紫陽花の花言葉は「移り気」

でも最近は「家族団欒」という花言葉も広がり
母の日や贈物として人気も高まっているそうです。

紫陽花の学名はギリシャ語で「水の器」…。
梅雨の時期のしっとりとした彩りにピッタリの素敵な学名です。




[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-14 11:23

風鈴


《 ひとしきり風鈴鳴らし風のゆく》
e0249850_23020860.jpg


e0249850_22310967.jpg


夏の風物詩でもある風鈴を最近見かけなくなりつつ。

ガラス製の涼し気な「江戸風鈴」
鉄器特有の音色の美しい「南部風鈴」
その他に高岡風鈴、小田原風鈴、、etc
大きさにもよる音色の違い。

これからの蒸し暑い季節
涼をもらえればよいのですが。


[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-12 23:10

花菖蒲



《 水面には別の貌なる花しょうぶ 》
e0249850_20485449.jpg




e0249850_20492482.jpg




e0249850_22550296.jpg


晴天の日の花菖蒲いささかぐったり気味…。
でも水面に映る涼しげな姿に違うドラマが始まりそう。







[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-10 09:11

湯の街




《 青葉風湯の街チャイム草津節 》
e0249850_11402097.jpg

e0249850_12294409.jpg


e0249850_12044149.jpg
マイズルソウ⇒アマドコロ
ニリンソウ⇒イカリソウ
どちらも自信がありません、、、。


e0249850_12065995.jpg

草津温泉は天下の名湯として古くから有名ですが、
明治時代に草津温泉を再発見し特に草津温泉の医学的有効性を
世界に紹介した医師ドイツ人ベルツ博士の功績は大きい。

ドイツ風「ベルツ通り」のそぞろ歩きも楽しい。
「西の河原」にはベルツ博士とスクリバ博士の胸像があり
「ベルツ記念館」もあります。

ちょっとしたドイツの小物が置かれているのを店内で目にすることも。

朝8時と夕方5時には草津節の大きな鐘の音。
交差点で耳にすることも多い。

和と独が素敵に調和しているこの街が好きです。


[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-08 14:11

八ツ場ダム


《 青葉若葉いま渓谷はダムとなる 》
ー青葉若葉:夏ー

e0249850_11392703.jpg


e0249850_11400676.jpg


e0249850_11404001.jpg


e0249850_11410783.jpg

e0249850_11420461.jpg

群馬県草津に旅行中、
「八ツ場ダム工事現場ツアー」に参加。

様々な問題を抱えながらの着工でしたが来年度完成予定との事。
巨大なダムの工事現場をヘルメットを被り
「やんばコンシェルジュ」なる女性から説明を聞くことに。

24時間工事で一日平均450人の人々が働いているという現場。
また大型クレーン3基が「バケット」に入れたコンクリートの塊等の移動で
休むことなく動いています。

ここ吾妻渓谷の新緑、紅葉のシーズンの美しさは溜息がでる程。
その景観の四分の三は残るそうです。

でも住民の方々のご苦労も大変だった事でしょう。






[PR]
# by miyakodori-t | 2018-06-06 13:47

daily photo & haiku